PageTop
国家資格者の確かな技術で「痛み・不調のない日々」を取り戻すお手伝いをしています。
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

BLOGブログ

むくみを早くとりたい時におすすめのセルフマッサージ&厳選ツボ押し

未分類

公開日:2021.4.19 / 最終更新日:2021.4.19

むくみマッサージ
「朝顔がむくんでいて、お化粧する気が起きない!」
「夕方になると足がむくんで靴が痛くて歩きづらい!」

顔や足のむくみに悩んでいる女性が多くいらっしゃいます。顔がむくんでいると目が小さくなり、顔が大きく見えてしまいおしゃれをしたいという気持ちになれませんね。足のむくみがある場合もそうです。足を隠すような装いになってしまい、ファッションが限定されてしまいます。

むくんでしまったときはどうしてますか?

今回は足のむくみを取るセルフマッサージとむくみ対策に利用できるツボを紹介します。むくんでしまったとき、またむくまないための予防策に利用してください。

①1日の終わりにやりたい!足のむくみ解消セルフマッサージ

マッサージ
足のむくみを取るためにはマッサージで足全体に血液やリンパが流れるようにすると有効です。強くこするとと肌にダメージを与えるため優しく力を入れないようにしましょう。

マッサージ用のオイルやクリームを塗って滑らかにするとマッサージしやすいです。

マッサージ①太ももの付け根マッサージ

太ももはリンパの流れが停滞しやすく、同時に脂肪も蓄積しやすい部位です。太ももの付け根をマッサージして、リンパの流れを良くします。

  1. あぐらをかくようにヒザを曲げて床に座ります。
  2. 左右の手のひらを重ねるようにして太ももの付け根に当てます。
  3. 身体の重みをかけ、軽く押します。

左右5回ずつ繰り返します。

リンパが流れやすくなり、水分や老廃物が流れむくみの改善が期待できます。

マッサージ②ヒザの裏側マッサージ

ヒザの裏側にもリンパ節があるので、しっかりマッサージをしましょう。

  1. 左右の手で右ヒザ部分を包みます。
  2. ヒザの裏側に親指以外の4本指を当てます。
  3. 両手をヒザから太ももの付け根に向かってゆっくり動かします。

10回繰り返します。左足も同様に行ないます。

マッサージ③ふくらはぎマッサージ

下半身の血流促進に非常に重要な役割をもっていることから「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎのマッサージです。

  1. 足首に両手をそっとのせます。
  2. 手のひら全体でふくらはぎを包み込むイメージで、足首からヒザの裏に向けて優しくさすってください。

左右5回ずつです。

足の甲マッサージ

足首を軽く回した後に、足の甲と足の裏のマッサージを始めましょう。

  1. 足の甲と足の裏全体を両手で包みます。
  2. つま先からかかとにかけて優しくさすります。

左右5回ずつ繰り返します

お酒を飲んだ時はマッサージによってアルコールがまわりやすくなり、悪酔いしたような症状になる可能性があるのでマッサージを避けましょう。

②スキマ時間におすすめの足のむくみ解消のツボ

足のツボ
ツボを知っていると効率的にむくみの改善が期待できます。まず足のむくみのためのツボを3種ご紹介しますので参考にしてください。

気持ちよく感じる程度の強さで押します。

八風(はちふう)

八風(はちふう)

ツボ辞典」より

八風は「足先の冷え」を改善するツボです。八風にアプローチすると血管が広がり足先はもちろん身体全体が温まります。不眠・足のむくみ・のぼせの改善も期待できます。

手の指と足の指を絡めるようにして刺激すると簡単。

湧泉(ゆうせん)

湧泉

ツボ辞典」より

足の5本指に力を入れ内側に曲げて足裏にできたくぼみ部分にあるツボです。「足の冷え」「脚の疲れ・むくみ」「更年期障害」「生理痛」などの改善が期待できます。

ゴルフボールを足裏においてこのツボの部分で転がしてみましょう。テレビを見ながらでも気軽にできます。

築賓(ちくひん)

築賓(ちくひん)

ツボ辞典」より

ヒザとくるぶしを結ぶ線を三等分し、くるぶしから3分の1に当たるところが築賓です。築賓は、下半身の血流を改善し「足の冷え」や「脚のむくみ・疲れ」の改善が期待できます。その他「ED」「早漏」「乗り物酔い」などの効果もあるようです。

痛さを我慢せず、気持ち良い程度がベターです。デトックス効果も期待できます。

出典:「ツボ辞典

③お休み前に!顔のむくみを翌日にのこさないツボ

むくみ
お化粧を落とすときや顔にクリームを塗る際にツボを意識して、むくみのない顔で朝を迎えましょう。ツボを軽く左右の親指、または中指で抑えます。

痛くて気持ち良いと感じる程度の強さで5秒くらい押さえてください。

攅竹(さんちく)

攅竹

ツボ辞典」より

攅竹は眉毛の内側、骨のキワにあるくぼんでいる部分にあるツボです。「目元のむくみ」「目の疲れ」「頭痛」の改善が期待されます。

目の周囲は皮膚がデリケート。優しく押してこすらないように注意

天柱(てんちゅう)

天柱(てんちゅう)

ツボ辞典」より

天柱は首の後ろにある2本の筋肉と髪の生え際が交差する部分にあるくぼみにあるツボです。「顔のむくみ」の他、「目の疲れ」「肩こり」「抜け毛」の改善が期待できます。

天柱を押しながら、首を少し後ろに反らしてみましょう。

天容(てんよう)

天容(てんよう)

ツボ辞典」より

天容は「下あご」の角の後ろのくぼみにあるツボです。「顔のむくみ」の他、寝違えて首に痛みがあるような場合に効果が期待できます。

後頭部の方向に押します。

出典:ツボ辞典

④知っておきたい筋肉とむくみの関係

むくみ
午後になるとふくらはぎが張り、靴が窮屈になってしまうというむくみは、水分がたまった状態のことです。むくみに悩む人は男性より女性の方が多いようですが、その理由は女性の方が男性より筋肉量が少ないためだといわれます。

なぜ筋肉量が少ないとむくみやすいのでしょうか?血液が身体中を巡っていますが、心臓から離れている足では心臓のポンプ作用の効果が薄れてしまいます。

ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、下半身に溜まった血液を重力に逆らって上げていくのです。そのためふくらはぎの筋肉は「第2の心臓」と呼ばれています。

ふくらはぎは第2の心臓

もともと女性は筋肉量が少ないためむくみがちですが、立ち仕事や座った状態が続く仕事をしている人はさらにむくみが出る傾向です。そのような生活を続けていると運動不足になりやすく、また加齢の影響も加わりさらにむくみがひどくなっていきます。

ランニングをすると筋力がつき、むくみ対策としても適切です。しかしランニングをしているのにむくみがあるという方も、多いのではないでしょうか。

それは筋肉が疲弊すると乳酸が生じ、乳酸の影響で筋肉が硬直してしまうためです。その結果、筋肉がポンプとしての役割を果たせず、むくみが出てしまているのです。

無理をせず、ランニングの後はぬるま湯のお風呂でリラックス

⑤整骨院のマッサージはセルフマッサージとどう違う?

違い
むくみを感じていても根本的な原因がどこなのかは、自分ではなかなかわからないものです。それでもむくんでいるときに、セルフマッサージをし、血行を良くしていくと気分が良くなり軽い症状なら改善できます。しかしむくみの根本的な原因を除去するわけではないため、むくみやすい傾向は改善されません。

整骨院のマッサージはどの筋肉が硬直してむくみの原因になっているのかを的確に判断し、根本的な問題を改善する点がセルフマッサージとの相違点です。

整骨院では柔道整復師など国家資格を持ち筋肉を熟知したプロが、マッサージに当たります。そのためむくみの原因になっている筋肉をピンポイントでほぐしていきます。

⑥むくみの解消・予防はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

ぷらす鍼灸整骨院
ぷらす鍼灸整骨院ではマッサージと鍼灸の国家資格を持つ専門家が在籍しており、筋肉の表面・深層の両面からしっかりと筋肉をゆるめることができます。むくみやすい習慣や自宅でのケア方法もお一人おひとりの症状に合わせてアドバイスさせていただいているので、お気軽にご相談ください。

鍼灸師は身体を熟知した専門家というだけではなく、話しやすく悩みを相談しやすい点でも好評です。ぷらす鍼灸整骨院では、患者様とコミュニケーションを取って適切な施術を続けていきます。

一人ひとりのむくみの症状に合わせた適切なマッサージや施術を提案しています。

電話やメールでのご相談も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

まとめ

むくみを改善するセルフマッサージやツボを紹介しました。むくみが出ないように、お風呂上がりにゆっくりとセルフマッサージを行なってください。セルフマッサージの習慣は、リラックスできストレス対策にもなりますよ。

むくみの改善には軽い運動も効果があります。歩く距離を増やしたり、軽いストレッチをしたりして無理にならない程度に運動を日常に取り入れましょう。

適度にマッサージやツボ押しをして、ゆっくりとむくみを解消していきましょう。セルフマッサージやツボ押しではなかなかむくみが改善しないという方は、専門家の意見も取り入れることも考えてください。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

関連記事

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

お悩み解決コラム

FEATURE